英語勉強を日本でする場合と留学する場合のメリット・デメリット

日本では、多くの方が中学、高校と6年間英語を勉強します。加えて、大学でも必須科目として英語の授業を取ったり、英文科などの専攻として英語を学ぶ人がたくさんいます。大学入試に使われる英文はとても高度であり、ネイティブが見ても「日本人の高校生はこんなにレベルの高い英文を読みこなすのか」とビックリするほどのレベルです。

 

しかし残念ながら、日本人で英語を堪能に使いこなせる人は多くありません。いえ、ほとんどの日本人が英語教育を受けてきた事を考えると、驚くほど少ないと言った方が実情に即していると思います。では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

 

なぜ日本で英語を勉強していても英語を話せるようにならない?

 

日本人が英語を使いこなせるようにならない理由としては、いくつもあると思います。その中で、私が考える主な理由を3つ挙げてみたいと思います。

 

1.インプットに偏重している

日本の英語教育は、とてもインプットに偏重しています。試験することを前提としているため、どうしても読むことに焦点が当てられているのです。一応、おまけ程度に英作文もありますが、所詮はおまけです。高校で高度な英文法を習いながら、英語で日記を書くことすらままならないのが実際の所だと思います。

この様に、インプットに偏重しているため、「こういう場面ではあの構文をこうアレンジして使えばよい」というのを体得することができないでいるのです。英語というのは言葉ですから、学校で習った表現をそのまま実際の場面で使うことはほとんどありません。日本語で考えても、私たちが日常で使っている表現は、学校の国語の授業で習ったものの範囲内ではまったくないはずです。つまり、英語も学校で習った基礎的な構文を応用して、自分の頭で即時に英文を作成し言葉として発する必要があるのです。しかし、その応用の部分を一つも練習する機会がないため、いつまでたっても「How are you?」と聞かれたら「Fine, thank you. And you?」と言い返すことしかできなくなってしまうのです。

 

2.文法にフォーカスしている

日本の英語教育は、文法にとても多くの時間を割いています。もちろん、過去形、現在形、現在進行形、未来形といった時制など、最低限の文法は押さえておかなければ話が通じなくなってしまいます。

でも、難しい文法を習えば習う程、自分の頭の中で英作文をする時に、「この場面ではhave+過去分詞で・・・あ、でも三人称だからhaveでなくてhasにする必要があって・・・」という風に考えてしまい、いつまでたっても話すべき英文が口から出てくることがありません。

アメリカに行って移民と話をしてみると、驚くほど適当な文法で話をしていることがあります。しかし、彼らはその英語で日々アメリカで働き、生活をしているのです。文法は適当であっても、ポンポンとリズムよく口から英語が出てくるため、聞いているアメリカ人としても会話がしやすく、顔をしかめる様なことはありません。一方、日本人が英語で話すと、頭で文章を考える時間が長いために会話のテンポが悪く、アメリカ人としてもどこか「面倒くさい・・・」と感じてしまいます。考えてみて下さい。日本語がたどたどしい外国人が、あなたの前で「う~ん、う~ん」とうなっている姿を(笑)。日本人がアメリカ人と英語で会話をする時、これをやってしまいがちなのです。ですから、文法ももちろん大切ですが、まずはテンポの良い会話ができるようになることが先で、その後に文法を習うべきなのですが、日本の英語教育ではそのようになっていないのです。

 

3.間違いを良しとしない日本文化

日本の文化を「恥の文化」と表現することがあります。誤りを良しとしない文化。その為、外国人と英語を話そうとしてもやはり綺麗な発音で正しい文法の英語を話そうとしてしまいます。その結果、いつまでたってもコミュニケーションツールとしては使いこなせないものとなってしまっているのです。

一方、例えばアメリカ南部に多いメキシコ人などは、ラテンのノリで、スペイン語なまりの英語を早口で話します。間違っていてもお構いなしです。こういう人の英語を聞いていると、「あ、文化が違うんだな」と感じます。

どちらの文化が良いかはさておき、英語を話せるようになりたい、使いこなせるようになりたいというのであれば、間違いなく「失敗しても関係ない!」というノリで英語が話せる方が上達は早いです。

もし海外で英語を話す機会があるのであれば、せっかく海外で気分も開放的になっているので、思い切って日本の「恥の文化」を忘れ、「間違っても関係ない!」とオープンに英語を話してみて欲しいと思います。

 

ここまで日本人が英語を使いこなせる様にならない理由を書いてきましたが、何かお気づきではないでしょうか?それは、「留学というのは、この3つの条件をすべてクリアできる」英語の学習法であるということです。

 

留学で問題解決

 

例えば、1.のインプット偏重ですが、留学してしまえば生活のために、英語を使わざるを得ません。もちろん語学学校ではインプットもしますが、授業中にはロールプレイやグループワークなどアウトプットもたくさん行いますし、そもそも生きていくために英語を使わざるを得ません。ましてや、ホームステイなどではホストファミリーと一緒にご飯を食べますから、無言というわけにもいきません。この様に、留学はアウトプットの機会をとてもたくさん作ることができます。

 

続いて2.の文法へのフォーカスですが、語学学校で教えられる英語はとても実践的なものです。もちろん文法も習いますが、それよりも何よりも、「流暢な会話」に重きを置いている学校が多いので、文法偏重ということもありません。

 

最後に3.の間違えをよしとしない日本人的な考え方は、留学してみれば全く通じないことが分かります。つまり、「発言せざるを得ない状況」を強制的に作ることになりますので、「間違えたくないから言わない」ということは不可能です。レストランに行って、間違えたくないから注文しないでは、料理はいつまでたっても出てきません。

 

この様に見てみると、日本人が英語を苦手とする理由は、留学に行くことで驚くほど解決することが分かります。だからこそ、留学が英語上達にとても有効であることは言うまでもありません。

 

英語が上達しない理由と対処法が分かった今、もし留学に興味のある方はぜひ行動に移してみて頂きたいと思います。

<参考>
このサイトには、さまざまな留学の目的が書かれており、これから留学しようか悩んでいる人の決断の手助けになると思います。

 

PR
ページランク別相互リンク集|相互リンクダイレクト|女性の人生|ショッピングカート設置|相互リンク募集サイト|MY2-Link|PagerankExplore|スマホアフィリエイト|童話集|オーディオ|海外就職推進協議会|